09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | COM(-) | TB(-) |
2014-08-17 (Sun)




こんにちは!きさきです。

約一ヶ月ぶりの動画投稿となります。
ぷちます!!ではなくアニマス特別編です。

新曲やムビマスの情報が出て大忙しですが、体調には気をつけて!


それでは、今回の制作後記です。



・時系列

本編では1943年でしたが、特別編は2年後の1945年です。


・U-796

UボートXVIII型。ドイツ製なんくる丸です。

1943年1月4日にU-796、U-797の2隻が起工しますが、艦形が類似するXXI型の建造が優先され、1944年5月に建造中止になりました。


・果てしなく仁義ない戦い 頂上狙いM@S

嘘予告シリーズ第2弾。

暴力団の抗争から、国の戦いにレベルアップしています。総統の出番はありません。
さりげなくクレープスの死亡シーンを初めて使っていたり。

スターリンとチュイコフのやりとりは、冬戦争でのヴォロシーロフの言葉。

警察役がカラビニエリ(イタリア)なのは、ムッソリーニがマフィアをはじめとする犯罪組織を徹底的に取り締まっているからです。

この政策のおかげで、今日における国内での評価は悪いイメージはあるものの、ドイツにおけるヒトラーほどマイナス評価ではありません。
現在でもムッソリーニが眠るプレダッピオの記念碑には献花が絶えないとか


・ゲッベルスの学歴

総統のことは言うまでもありませんが、知識人であるゲッベルスも違う方向性で悲惨な過去だったりします。

ゲッベルスは1922年にハイデルベルク大学の哲学科を卒業しますが、職が見つからずに一時両親の家に戻っています。

その後、銀行に就職しますが、わずか9カ月で解雇されています。
家族への恥ずかしさのあまり、解雇後もしばらく通勤するふりをしながら就職先を探しますが、いずれの会社からも採用を拒否されています。

この時の想いを「この居候生活の惨めなこと…私にはふさわしくない」と日記に綴っています。


・カイテルの農場

カイテルの父親はヘルムシェローデに小さな農場を所有しており、父がなくなった時に仕事を継ぐため、軍に退官届をだしています。

しかし、カイテルの妻リーザやフリッチュ陸軍総司令官から引き止められ、結局カイテルは辞表を撤回しています。

カイテルの回顧録には「心の底からヘルムシュローデへ帰りたかった」と残しています。


・ラインの守り

ラインの守りは1840年のドイツ帝国がまだなかった時代に作られた愛国歌です。

フランスとの国境であるライン川を守れ!という歌で、ライン生産の歌ではありません。


・ED

アイマスと進み続けた9年間、総統と歩き続けた10年間。
ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか。
どちらの作品を中心に見るかで、捉え方は変わるはずです。



それでは、ありがとうございました!
ヒトラー最期の12日間公開10周年まで、残り一ヶ月。



オマケ



Suteki Happiness

声かけてみました。
スポンサーサイト
| 総統閣下×アニマス | COM(4) | | TB(0) | |
2014-03-28 (Fri)



こんにちは!きさきです。


まずはここまで見てくださった方、コメントをしてくださった方、宣伝してくださった方に御礼を申し上げます。


"アドルフマスター"は一つの節目を迎えました。
私の作品を通して、少しでもアイドルマスターや総統閣下シリーズに興味を持って頂けたなら幸いです。


それでは、今回の製作後記です。


・ヒムラーのMAD

ぷっちハイル!最終回のセルフパロディです。

元ネタはもちろんムビマスの本予告。
公開日の5月8日という日付はV-Eデイのことです。


・パン一斤買うのに2時間

通商協定を結んでいたドイツと敵対し、ソ連の食料不足は急速に悪化しました。
砂糖や小麦粉といった基本的な食材が市場に出回らないこともあったそうです。

需要と供給のバランスが崩壊していたため、市民は商店で物を買うたびに行列に並ばなければなりませんでした。


・グッズ争奪戦争

ソ連は人海戦術、ドイツは電撃戦、米国はエアランドバトル(史実だと1982年)です。
「アイドル」の視点や、「プロデューサー」としての視点ではなく、現地の「ファン」としての視点。

そして初めて、日本が動きを見せます。

日本軍はどうしても嘘字幕シリーズという立場上、扱いに悩んでいたのですが、この結論に至りました。


・東條幕府

1941年(昭和16年)10月18日に発足した東條内閣ですが、東條総理は多くの兼任を行っていました。

外務大臣、文部大臣、商工大臣、軍需大臣、内務大臣、陸軍大臣、陸軍参謀総長を兼任し、権力一極集中の様子を「東條幕府」と揶揄されていました。


・READY!!&CHANGE!!!!

前奏

急速潜航サイレン→各国指導者の演説+モーンケタップ
"Ahoi!"の掛け声とともにコールが開始されます。

READY!!(Aメロ)

枢軸サイド。
定石通り"Heil"が中心です。ゲッベルスはベース担当でずっと"zu"と言ってます。

CHANGE!!!!

連合サイド。
"Ура"とゲッベルスクラップによるPPPH

サビ前の3・2・1は英米が大活躍。
無理やり言わせる必要がないっていいですよね。

"Eja eja"の掛け声とともにサビへ
枢軸側に流れが戻ります。

READY!!大サビ

日本軍→ドイツ軍


日本の土を踏んだことを後悔させてやれ!



日本軍による砲撃パイロから開始です。
"万歳!"の掛け声の後はずっとドイツのターン。


国別の掛け声を入れたつもりですが、"hip hip hooray"は使えませんでした…。


・ED

最終回のEDは旧友(Alte Kameraden)
現在でも度々演奏される、ドイツ行進曲の代名詞的存在です。

この曲を最終回で使いたかったために、1話からEDを作っていました。


番外編もそのうち作りたいですね。
それでは、半年の間ありがとうございました!
| 総統閣下×アニマス | COM(3) | | TB(0) | |
2014-03-13 (Thu)




こんにちは!きさきです。

今回の動画でついにあと一回!
もう少しだけお付き合い下さい。


アニマス最後の正念場も終わりました。肩の荷が下りる思いです。

今回は前回とは逆の展開です。
徐々にうるさくなっていきますが、比較的マジメな内容です。

ムビマスを観た後で24話を観ると、色々と納得出来ますよね。


少し短いですが今回はこの辺りで
それでは、ありがとうございました!


おまけ:今回の動画で使用した春閣下のプロパガンダポスター

春閣下

「然り! 我らは従う!」
| 総統閣下×アニマス | COM(4) | | TB(0) | |
2014-03-06 (Thu)



こんにちは!きさきです。

ついに最後の難関、春香回に突入です。
過日完結された『アイマスZ』の迷探偵Pも、特に24話はかなり苦心されていた様子です。

25話はコールや映像編集が手間なだけで、凱旋だと思っています。
23・24話で、気を遣うのは最後となるでしょう。


それでは今回の製作後記です。


・23話という回

23話は真綿で首を絞めるような回なので、前半はまだ明るさがあります。
前半はいつものノリで作っていますが、総統たちも話が進むにつれて真面目モードになります。


・AAラインの向こう側


A-A-Linie.jpg


AAラインとは、アルハンゲリスク-アストラハンを南北に結ぶバルバロッサ作戦における最終進出目標のことです。

北はモスクワを超え遙か先。南はスターリングラードより少し先。
さらに人口差や天候を考えると、無茶な攻勢だったと思えてきますね。


・千早の海外ロケ

千早がニューヨーク以外のアメリカに行くとしたら、シカゴ・ハウスとビッグ5であるCSOを見てもらいたいと思いシカゴを選びました。
またシカゴは、ブルースやジャズの聖地でもあります。


・Little Nazi Girl

17歳トリオいいですよね。


・オーディションの審査員

プロデューサーズの脚本家です。

プロデューサーズといえば、アイマスPの皆さんに見ていただきたいのが『春の日のヒトラー』よりもこちら





タッチコミュもあります。これを使ってアニマスのMADを作りたいですね。


・ED

今回のEDは我が戦友(Ich hatt' einen Kameraden)

ドイツ軍伝統の葬送曲で、意志の勝利でも聴くことが出来ます。
現在のドイツ連邦軍でも演奏されています。

歌詞が付いていますが、本編が『見つめて』のインストverだったので、こちらもインストバージョンを。


外人部隊で歌われていたのか、"Aseveikko"というタイトルのフィン語翻訳版もあります。

歌詞は以下のとおりです。

Oli aseveikko mulla
oli parhain, urhokkain.
Sotatorvet kutsui meitä
ja hän astui taiston teitä.
Samaan tahtiin rinnallain!





次回は、最初から話が重くなると思います。
憔悴しきった春香を何回も観るのが辛いですが、頑張ります。
| 総統閣下×アニマス | COM(0) | | TB(0) | |
2014-02-27 (Thu)




こんにちは!きさきです。

長谷川明子さん結婚の知らせを聞きました。めでたいですね!
直接会ってお祝いすることはできませんが、フィンランドからお慶び申し上げます。


それでは、今回の製作後記です。



どうでもいいことですが、エンコード設定を変更したのでマンネルヘイム元帥の画質が大幅に向上しているはずです。


・ヨシフのBirthday

1878年12月18日です。
奇しくも1982年の同日はルーデルが亡くなった日でもあります。


・一カ年計画

元ネタは「五カ年計画」
ドイツにも「四カ年計画」というものがあります。

五カ年計画は、工業化及び農業のコルホーズ化を推し進め、結果として世界恐慌を乗り切りました…
が、土地や財産の没収や、国民が強制収容所送りにされたり、多くの犠牲のもとの成果でした。

この計画により、少なからずソ連の工業化は進みます。


・『総統閣下はクリスマスにお怒りのようです』

私が総統閣下シリーズにハマりたての頃に観た動画です。
削除されていますが、再UP版があります。




・冬戦争と継続戦争

少しややこしいですが、冬戦争(Talvisota)は1939年11月30日に始まり、1940年3月13日に終わっています。
第2次ソ・フィン戦争である継続戦争(Jatkosota)は翌年1941年6月25日からの一連の戦闘のことを指します。

ちなみにシモヘイヘが活躍したのは冬戦争の方で、継続戦争には出ていません。

「映画で雰囲気を楽しみたい!」という方は、冬戦争は「ウィンターウォー」、継続戦争は「タリ・イハンタラ1944(動画内のマンネルヘイム素材の映画)」を観れば楽しめると思います。


・アウグスト・クビツェク

「ヒトラーの友人」として、戦後に回想録を出版した人です。

ヒトラーがまだ芸術の道を目指していた頃に知り合って以来、親友になります。
それから1908年にウィーンで別れるまでの約3年間、ヒトラーと友人であり続けました。

1933年にヒトラーが首相になった時には祝福の手紙を送り、ヒトラーもすぐに返事を送っています。


・メリー(J@TKOSOTA VERSION)

久しぶりのナチス製ボーカロイド。
本編ですと『My Wish』が流れる場面です。


・ソ連式クラッカー

「ヒトラー最期の12日間」で最初の砲撃がちょうどヒトラーの誕生日です。


・マンネルヘイム「うちの国サンタさんいるし」

フィンランド政府公認のサンタクロースは存在しませんが、自治体や団体公認のサンタクロースはいます。

フィンランドに来る機会がありましたら、是非ロヴァニエミのサンタクロース村を訪れてみてください。サンタさんからお手紙が届きますよ。


それでは、ありがとうございました!
| 総統閣下×アニマス | COM(0) | | TB(0) | |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。